HOME   入会のご案内   当相談所について   料金のご案内   ごあいさつ   よくある質問   個人情報について


   
◆当結婚サービスの4つのポイント
◆高い成婚率を目指します!
◆精神障害に限らず「病気持ち」の人の結婚について
      
 
精神障害者の治療の専門家が対応
精神障害といっても、たくさんの種類があります。そして、例えば、同じうつ病であっても、病状や治療方針、精神状態の安定性などは個々人で違います。そういった方も専門家のサポートで安心して婚活できます。
安心の料金システム
精神障害者の治療の専門家が対応しますが、料金は地域の標準的な水準に設定しています。安心できる低料金システムで、出会いからお見合い、結婚まで丁寧に全力でサポートいたします。
中高年・再婚の強い味方
メンタルヘルスが不安定な状態では、婚期を逃したり、離婚の原因になることもしばしばです。再婚希望や中高年の男性・女性、40歳以上の方も、ぜひ安心して当相談所へいらしてください。
一緒に考えます!あなたをもっと幸せにしてくれる人
もちろん、趣味が同じだったり、笑うツボが一緒だったり、なにげない感性も大切ですが、それでは交際は続きません。
そして通常の交際でもよくある「年齢は25歳以下」「年収は400万以上」など、お相手の<条件>だけで選ぶと嘆くことになることも多いと思います。精神障害者の交際においても、「相手がうつ病だと気持ちが分かりあえる」「病状が安定している方なら大丈夫」という表面的なことを基準にしてしまうと、後悔の元になります。
あなたの良さを認め、引き出し、もっとしあわせにしてくれるお相手を、さまざまな条件や角度から一緒に探していきましょう。
JMCA結婚相談サービスは高い成婚率を目指します! 
良心的な価格設定と一人ひとりの精神症状や保健福祉の制度の活用も視野に入れた、個別性にも十分配慮した結婚相談サービスをご提供いたします。
他の相談所では十分な対応ができず、ほかの相談所に登録している方も少ないため、当協会のみのお見合いに参加していただける方が多く、成婚にもつながりやすい特長があります。
婚活の希望、どこまで聞いてもらえるの? 
当協会のほとんどの会員様も、年齢、年収、婚歴、学歴、身長、同居の有無など一般的な条件を希望します。他に、お相手の生年月日や、趣味、休みが合うかどうか、ペット、喫煙の有無などのご要望もあります。
それ加え、当協会では、罹病している精神疾患の種類(うつ病、パニック障害、てんかん、統合失調症など)のご要望も対応可能です。
会員様1人1人のご要望にできるだけ応じたご紹介の努力をしてまいりますので、どうぞお気軽にご相談ください。
      
 
精神障害に限らず「病気持ち」の人の結婚について
  「気持ち」とは
精神障害に限らず、何かの疾患にかかっている方=いわゆる「病気持ち」というのは、どういう定義なのでしょうか?これは病院にかかった結果なのです。
たとえば、
➀健康診断で引っかかって血液検査を受けた
②体調不良があったので病院にかかった
③骨折の手術で、手術前に検査した
④何か気になって、自分から病院に受診した

そういうことですよね?
  そしたら病気と診断された
そしたら、診察や検査の結果で、
・肝臓のデータが悪いです
・貧血です
・アレルギー性鼻炎でしょう
・うつ病でしょう

などと医師から言われてしまった。
そう、その瞬間に、その方は「病人」になるのです。
その前日までは「健康」な人だったのにです。
  その「病気」の人は「健康」な人より悪いのか?
世の中にはいろいろな病気があります。
例えば、肝炎ウイルス:治療が可能か少なくとも発症は抑えられます。
糖尿病も薬と生活改善で治療できます
うつ病も治療可能です。

高血圧やアレルギー、膠原病、近眼、難聴、そしてうつ病やパニック障害のような精神疾患・・・おそらく何の病気も持っていない人って、いないのではないでしょうか?たしかに、すい臓がんのように、治療が難しい病気もあります。
そんな中、うつ病やパニック障害のような病気は高血圧などと同様に「治療方法がある病気」いえ「治療に様々な選択肢がある病気」と言えます。私は精神科専門医ですが、うつ病やパニック障害のような精神障害は、多くの場合「きちんと薬さえ続けていれば、普通の社会生活を普通におくれる病気」と感じています。
  自分で「健康」って思っているだけの人の方がよっぽど危ない
話が脱線しますが、私たち医療関係者は、絶対に患者さんの血液を直接触りません。ゴム手袋します。それは、患者さんに自覚症状がなくても、重大な感染症を持っている(無症候性キャリアといいます)可能性があるからです。
感染症だけではなく、高血圧や糖尿病のような体の病気もうつ病や統合失調症のような精神の病気も、正直言って、誰もが、絶対ないなんてことはありません。本当は病気があっても、病院に行っていなければ、自分でも病気と自覚できない。診察を受けたり、検査してなかったら「健康」な人として扱いになる。 自分で自分の病気が自覚できていないことほど危ないことはありません。

そして、真剣交際を考えているのであれば、なおさらお相手の健康についても知りたいというお気持ちもわかります。心身の病気の有無だけでなく、むしろ病気であることの自覚や病気のコントロール・・・とても大切なことです。オプションのお相手の健康情報提供サービスはお二人の安心とお二人の健康管理にきっと役立つサービスです。

医学、精神医学の専門家だからこそできる品質とサービス。そこにこだわり、よりよい結婚相談所にすべく、頑張っている次第です。
 


   


一般社団法人 日本医療心理カウンセラー協会・JMCA結婚相談サービス〒513-0824 三重県鈴鹿市道伯町字筧田2064-1 TEL:059-375-1100



Copyright 2020 - 一般社団法人 日本医療心理カウンセラー協会 All Rights Reserved.